[東京]ぱんだカフェ

カフェの入り口

親子で安心して利用できる浅草のカフェ

子連れでお出かけをするときは、入ったお店の施設がとても気になるものです。

独身の頃には全く意識することがなかったようなことですが、小さな子供がいるときにはちょっとした設備やロケーションがかなり利便性を多く分けることになります。

また同じお店にいる人達にもし子供がぐずってしまったときなどに注意を受けたりしないかとビクビクしたりすることもあります。

外で余計な迷惑をかけたくないと外出を控えてしまうお母さん/お父さんたちもいますが、そんな人達におすすめをしたいのが子連れ専用に営業をしているお店です。

中でも都内・浅草にある「ぱんだカフェ」は、子連れ客限定というかなり思い切った営業方法をとっています。

ぱんだカフェでは、店内に子供向けの遊具を備え付けるとともにのびのびと過ごせる畳敷きの室内となっています。

店内全体の内装もまるでアミューズメントパークか保育園のようにかわいく飾り付けがしてあり、親と子供の両方が落ち着いて過ごせる場所です。

子供向けメニューも充実しているのが嬉しい

ぱんだカフェがあるのは台東区雷門で、電車を利用するときには東京メトロ銀座線の田町駅から徒歩1分となっています。

同じ建物内にはくつろいで過ごせるレストラン「Le petit pont」もあり、こちらは子供がいないパパやママさんたちだけでも利用が可能になっています。

「ぱんだカフェ」も「Le petit pont」も料理のメニューにこだわりがあるということが特徴で、子供向けのランチメニューと大人も大満足のプレートメニューを提供しています。

またドリンクメニューが大変豊富で、通常のカフェ定番ドリンクの他に、茶葉から選べる紅茶や夜にはアルコールの提供もあります。

子供向けメニューには離乳食もあり、ソフトドリンク飲み放題といった嬉しいサービスもあります。

ぜひ一度試してもらいたいのがワンコイン(500円)から注文できるお子様ランチで、かわいくておしゃれな盛り付けをした、ワンランク上のプレートを食べることができます。

もう一つ人気なのが手造りのドルチェで、子供も大好きな甘いおやつを家族で楽しむことができます。

もちろん出される料理は全て素材にこだわった健康重視の食材で作られているので安心して食べられます。

イベントも豊富で長居もできます

ぱんだカフェのコンセプトは親子で楽しむということだけあって、メニューや料金のつけかたが独特となっています。

例えば昼間の時間帯ではフード・ドリンク付きで600円(税抜)2時間という形です。

内部にはオムツ替えのスペースや遊具など器具が充実しているので、同様の施設に比べてかなり割安です。

また子育や親子で楽しめるイベントも定期的に開催されていて、何度でも通える楽しいスペースになっています。

開催中のイベントは公式サイトで告知がされているので、利用の前にちょっとチェックしておくことをおすすめします。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net