子どもの運動神経を高めるためにはなにをすればいいですか?

プールと施設

Q.運動神経の良い子供にしたい

4歳の娘がおり、どうも運動神経があまり良くありません。
運動神経は小さい頃から決まると聞いたのですが、なんとかして良くする方法はないでしょうか?

外遊びが大好きで毎日、外で走り回っていますが、どたばたとした感じです。
最近お友達になった同じ年の女の子と、公園で遊ぶ機会があったのですが、その子はとても運動神経が良いです。
走り方も素早くスマートで、鉄棒は逆上がりが出来そうな勢いです。

同じように娘も外で遊んでも、なかなか追いつくことが出来ず、体力の問題もあるのでしょうか?
運動神経を伸ばす方法をご存じの方は、なにかアドバイスをお願いします。

A.運動能力は小学生卒業までに決まります

運動は神経を使用して体を動かすことですが、この神経系統の発達は12歳頃までに完了し、つまりは小学生卒業の頃までには決まってしまうのです。
運動神経を良くするということは、神経系を発達させて、伝達スピードを上げていくということになります。
このために五感を十分に刺激して、発達させることが大切です。

筋肉でも使わなければ衰えるように、神経も使わないと刺激がなく発達はしません。
外遊びなどはとてもよく、積極邸に運動をして、どんどん体を動かすしか、運動神経を良くすることは出来ません。
すでに小学生入学頃までには、8割ほどの神経は発達しているので、出来れば早い段階から体を積極的に動かすようにすると良いです。

外に行って運動するばかりでなく、家の中でも運動すると良く、特に単純な動きよりも、少し複雑な動きをする方が、神経にはとても刺激になります。
たとえば、足の指を使ってじゃんけんをする、股上げなどの運動がおすすめです。
このような運動を室内で、させるようにすると良いでしょう。

A.色々な運動をさせるのが良いです。

スポーツの専門家の方の話によると、運動新家には左右対称と、色々なスポーツ、この2点からアプローチするのが良いと聞きます。
左右対称の動きのスポーツとしては代表的なものは水泳、逆にテニスなどの力を偏って使うスポーツは、骨の成長に負担をかけます。

1つだけのスポーツにこだわらずに、全身を使い、神経系統を含む体作りを行なうのが、成長期に運動神経を良くしていくポイントとなります。
もしも水泳をさせるにしても、水泳のみならず、他のスポーツも行なうようにさせると、より運動神経を発達させていけます。

ただ子供にしても、いくつものスポーツをさせたり、やりたくないスポーツを無理矢理させるよりは、何か子供が好きな進んでやりたいというようなスポーツをさせた方が、積極的に体を動かせて良いでしょう。
体の一部に負担をかけすぎると、腰などを痛める危険もありますので、激しすぎる運動もあまりおすすめは出来ません。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net