主婦が正社員になるメリット・デメリット

面接を受ける女性

子持ち女性が仕事を探す場合、まず正社員で探すのかパートで探すのかが大きな選択の一つとなります。実際に正社員とパートではどのような違いがあるのでしょうか。

正社員とパートの違いを比較

パートと正社員の大きな違いは雇用期間に縛りがあるのかないのかの違いといえます。パートの場合短時間勤務で済みますが、正規雇用である正社員は一週間の労働時間がパートよりも長くなり尚且つ責任も大きくなります。

また、健康保険や厚生年金の加入など正社員ならではの待遇を設けてる会社もあるため、仕事を選ぶ段階で正規雇用か非正規かを基準にしてまずは選ぶ事が必要です。

主婦が正社員になるメリット

今まで働いていなかったけど正社員として就業する、もしくはパートから正社員に替わるなど働き方を変えたり、転職をして正社員になるとどんなメリットがあるのでしょうか。

子持ち主婦が正社員になるメリットは、なんといっても世帯年収のアップ、育休や産休の取得、雇用の安定、退職金や老後の年金アップなど様々なメリットが上げられます。

中でも雇用の安定と育休と産休の取得はかなり大きなメリットで、子どもを産んでもまたこれから増えても働き続けたいと思っている女性にとってはとても重要となります。

主婦が正社員になるデメリット

良い事だらけの正社員のように見えますが、主婦が正社員になるデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

今までパートとして働いていた場合、正社員として働くにあたってしっかりと収入を確認しておかないと税金の面で損をする事があります。

働く時間が長くなると、その分自分で厚生年金や健康保険に加入する事になるため、 正社員になっても損をしない働き方を選択する事が大切です。

また、精神面や肉体的な疲労はもちろん、子育てとの両立が難しい事もあります。正社員になるにあたってのリスクや収入面でしっかりと家族と話合ってから賢い選択をするようにしましょう。

主婦はどちらを選択るのが得策か

子育て世代の就職はまずどれくらい働けるのかで決まります。特に、自分の中でフルタイムで働けると思っていても子供の急病などでうまくいかない事も良くある話です。

正社員になる場合は、もしもの時にどうするか、家事育児の分担をどうするのか家族で話合う事はもちろん、責任の重さを自覚してから就職先を探す事が大切です。

パートで探す場合も同じです。どれくらいの時間や曜日に働けるか、パートの場合も子供急病の時はどう対処するかなどの対策を練っておきましょう。

パートはある程度融通が利くといっても働き始めてから自分が苦しい想いをしないためにも、まずは自分の中でどんな風に働いて行きたいかを明確にしてから仕事探しを始めましょう。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net