40代子持ち女性の転職で気をつけること

転職を決意する女性

子持ちの女性が転職をする場合、また新たな環境で一から始める事になります。通常の転職と違って仕事選びで気を付ける点はどのようなものでしょうか。子持ち女性の転職で気を付ける点や職場選びのポイントを押さえておきましょう。

子持ち女性が働きやすい職種を選ぶ

子持ち女性が転職を考えるのは今の職場よりもよりいい給料がもらえるところ、もしくは子育てに支障なく働ける職場など自分なりの条件を掲げて選ぶ事がほとんどでしょう。

今の仕事でスキルアップを目指している場合は、同じ職種で探す人がほとんどですが、特にこだわりがない場合、土日祝時が休みで定時に帰る事ができる事務職などで探すのもひとつの方法です。

オフィス業務の場合定時で帰る事もできますが、保育園のお迎えなどに間に合わない可能性もあります。その点も考慮して職場を選ぶか、もしくは最初はアルバイトやパートなどの非正規雇用でも後々正社員になる道が開けている職場などを厳選する方法もあります。

そうすると、今は時間の縛りが緩くて少し余裕ができてきた頃に正社員として働くなど選択の幅が広がるのも魅力といえます。

制度を見て職場の実情を知る

非正規雇用で探すと決まっている場合は、産休や育休、有給、福利厚生や社会保険の有無など給与面よりも待遇面でチェックをしておくことが大切です。

特に産休や育休の取得実績がある会社は子持ち女性でも働きやすい職場の場合が多く、職場を選ぶ時の大きな決め手とする事もできます。

女性社員の人数や有給取得率など具体的にデータとして上げている会社もあるので、その辺で絞りこんで探すのも転職を成功させるのに役立つでしょう。

給与や残業の有無などを調べる

子持ち女性にとって一番気になるのが毎日の帰宅時間ではないでしょうか。特に重要視しているのが就業時間が残業の有無です。どうしても保育園のお迎えに行く必要があるため、定時で上がる事が理想です。

そこを考慮しても、年間休日と合わせて残業の有無をしっかり事前に調べておくと、入社した後に後悔せずに済みます。子持ち女性の転職で重要なのは無理せずに長く働ける職場を探すという点なのです。

会社の人間関係をリサーチする

いざ入社してみて、人間関係が最悪ですぐに退職を決意したという話もあります。具体的な就業時間や福利厚生、給料面でも何の問題は無くても一緒に働く人との相性が悪いとかなりストレスを貯める事に…。そうならないためにも事前にインターネットなどで会社の口コミを調べておくなど、外からでも調べる事ができる場合はリサーチしておくことが大切です。

また、ハローワークの紹介や派遣会社を介する場合は事前に見学ができる会社もあります。その点も色々と調べて入社前にクリアにしておく事が大切です。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net