在宅ワークのメリットとデメリット

内職をする女性

小さな子どもがいて中々外に働きに出られないものです。そんな悩みを抱えている子持ち女性に人気の働き方が在宅ワークです。

在宅ワークと聞くと昔ながらの内職をイメージする人も多くいますが、実際にどのような仕事をするのでしょうか。

在宅ワークの種類

在宅ワークは、その名の通り自宅で仕事をする事をいいます。内職などと違って、パソコンを使用して行うものや電話のオペレーターなどその職種は様々となっています。

最近多いのは、文章を作成するライティングやホームページ作成、電話のオペレーター、秘書業務などもあります。

在宅ワークを選択する人の多くが子育てをしながら仕事がしたいと思っている人が多く、子どもの邪魔が入ると困る電話のオペレーターやアポインターは少なく、ライティングやホームページ作成などパソコンを使用した仕事を選ぶ人が多いのが特徴です。

在宅ワークの探し方

いざ自分も在宅ワークをやってみたいと思った場合、どのようにして探すのでしょうか。最近はクラウドソーシングで仕事を取る人もいますが、ライティングなどの場合は求人雑誌などに募集をかけているところもあります。

また、在宅ワーク専門のサイトなどもネットで活用すると個人からの依頼や会社との契約など多岐に渡って探す事もできるので、自分がどのような職種で仕事を受けたいかを考えてから仕事探しをする事が大切です。

在宅ワークのメリット

外で働くのと違って在宅ワークのメリットは何といっても時間の融通が利く事です。子どもが小さい場合は保育園に預けずに働く人もいれば、子どもの行事に合わせて自由に動く事ができるなど、子育てと両立しやすいのが在宅ワークの最大のメリットといえます。

しっかりと同じ分野で実績を積んでおけば、外で働くのと同じくらいの収入を得ている人もいます。そう考えても自分の目指すべき働き方をイメージしてから働く事が重要です。

在宅ワークのデメリット

良い事だらけのように見える在宅ワークですが、実際にデメリットも存在しま
在宅ワークのデメリットは何と言っても、家で仕事をしているという事実です。保育園に預ける場合に他の人より不利になるだけでなく、家族からもみても仕事をしているという感覚が薄れてしまうため、中々協力を得る事ができずワンオペ育児に陥る可能性があります。

また、子どもの邪魔が入り思うように仕事が進まず、深夜や早朝に仕事をする事もあります。仕事とプライベートの境界線があいまいになってしまうという点も在宅ワークのデメリットと言えます。

慣れるまでは根気が必要

どんな仕事にもメリットデメリットが存在するように、在宅ワークにもメリットデメリットがあります。

そのデメリットと感じる点も慣れてくると上手に時間の配分ができるようになったり、収入面でも安定してくるのでだんだんと少なくなってくるでしょう。

他の仕事同様にまずは慣れるまでは根気が必要といえます。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net