ブランクが心配なママがはじめる最初の一歩

悩む女性

子育てに一直線で家庭に入っていた女性にとって、いざ再就職を探すにもブランクが重くのしかかってきて希通りの仕事に就けないという話を良く耳にします。

そのため、そのままパートやアルバイトで仕事を探す人もいますが。できれば正社員になりたいと考えているなら、まずはブランクを克服する第一歩を踏み出す事が大切です。

ブランクの考え方

長く仕事から離れているとそのブランが長いほど不安は大きくなってしまいます。その気持ちは仕方がない事ですが、一般的に仕事のブランクがある人はどのようなイメージで見られているのでしょうか。

実は雇う側としてはブランクのある人を、「社会常識や社会人に必要なマナーやルールを忘れているのではないか」「仕事に対する意識が低いのではないか」というイメージで見ています。

そういう風に見られるのはどうしも仕方がない事。実際に自分自身もその事が不安を感じている人も多く、要は自分がしっかりと就職に向けての準備をしているかどうかが面接でも現れるといえます。

ブランクを克服するための方法

しかしブランクを感じていてどうしても一歩の勇気を出せないという人は、まず仕事探しを始めるまえに準備期間を設ける事が大切です。

ハローワークなどで就職支援を利用してみたり、準備期間中に何か資格を取得しておくなど、自分のアピールポイントになる事を何か身に着けておくといざ就職活動を始めた時も面接での意気込みが違ってくるでしょう。

大切なのは、面接官にこの人と一緒に働きたいと思ってもらう事です。ブランクがあるので不安ですと素直に言ってしまうと、中々採用されないのは当然の事、しっかりと自分をアピールする武器を持って面接に挑むようにしましょう。

子持ち主婦ならではのもしもの備えておく

子持ち主婦の就職で一番の難関となるのが、子ども急な体調不良などです。面接で子ども預け先などを聞かれて、保育園ですと自信満々に答えたら急病の場合の預け先などを効かれたというエピソードもあります。

子どもを抱えているからこそ、もしもの時の準備をしっかり行っている事をしっかりとアピールする事が大切です。

実家や病児保育、ファミリーサポートなど自分自身準備しておくといざ働き始めても安心して仕事に専念する事ができるでしょう。

自信を持って就職活動する事が大切

仕事のブランクを抱えている子持ち女性の就職で一番大切なのは、自信を持って就職活動する事です。

そのためにも事前の準備をしっかりと行っておく事はもちろん、資格取得や家庭内での話合いなど働き始めてから困らないようにしっかりと準備をして仕事探しをすると、その自信がも相手に伝わり、あなたの働きたいという気持ちに応えてもらう事ができるでしょう。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net