子連れで仕事が出来る職場のメリットとデメリット

オフィスにある蛍光灯

子供と離れずに済む

子供を連れて出勤できるような職場は、最近では大手でも一部ありますが、IT系の企業など、新しい働き方を提案している企業で多く採用されている方法です。
子育てを終えて育児も手がかからなくなり、自分の時間に余裕が出てきたとしたら、職場復帰となります。
そうなると子連れで出勤できるような会社は、母親のタイミングで出勤する事が出来ます。

そうして何よりも、子供と一緒に行動する事が出来、保育所などに預ける必要もないので、その費用も浮きます。
子供が風邪を引いて急いで迎えに行かないとならない、などのこともなく、子供と近い場所で仕事が出来ますので、子供に何かあっても、すぐに対応でき、安心です。

子供が近くにいるので、育児もしやすく、育児と仕事も両立しやすいです。
仕事か育児どちらかにウエイトを置く必要もなく、その時々で臨機応変に対応して仕事をしながら育児をするということも出来ます。

子供と一緒に行ける職場であれば、母親の仕事に復帰したいという願いも、叶えやすいです。
子供が近くにいるので、お腹を空かせばすぐに授乳させることも出来ます。

通常よりも体力も気力もいる

子供と一緒に出勤するということは、それだけ子供と近い距離で仕事をしていけるということです。
しかしそれは裏返せば、子供が何かしたり泣いたりすれば、母親はすぐに対応しないとならず、それが例え仕事をしている最中でも対応が迫られます。
これが保育所などに預けておけば、子供が泣いたりお腹を空かせると、保育士の方が対応してくれるので、母親は仕事に専念できます。
柔軟に仕事をしていけないと、子供を職場に連れて行くというのは、余計にストレスになるかもしれません。

また、職場では独身の方や、すでに子育てを終えたような方とも一緒に仕事をしないとなりません。
母親のあなたが、子供が騒いだので、その度に仕事場を離れていては、周囲からの目も良くないかもしれません。
周囲が子育てしながら働くということに理解のある会社でないと、働きにくいかもしれません。

子供を連れて出勤するとなると、無理矢理会社を説得して連れて行くよりも、制度のあるような会社で働く方が働きやすいです。
ただやはり子供を連れて行くとなると、特に乳児の場合は、母親が子供を制御しないとなりません。
子供は会社に連れて行くと、興味を引くようなものばかりあるので、興味本位で触ったりします。
そのために、子供がそのような行動をしないように母親が管理しないとなりません。

ただ最初から上手くは出来ませんので、少しずつ慣れていき、子供も会社に迷惑をかけずにいられるようになれば、母親は仕事と育児を両立できるようになります。

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net