当サイトについて

NOIMAGE画像

保育園・幼稚園に勤務をされている人のために

遊ぶ子供

保育の仕事は未来を担う子供たちを預かり育てるという、非常に社会的意義の大きな仕事です。

そしてそれと同時に、毎日新鮮な感性で毎日を過ごす子供たちと最も近くで過ごせるというとての楽しみの大きな仕事でもあります。

最初はただ「子供が好き」というような気持ちで保育士や幼稚園教諭の資格を取得したという人であっても、実際に勤務をしてみてその奥深さに目覚めより専門的な業務ができるようになるための資格を取得したくなったというような人もたくさん見られます。

子供の成長とともに自分自身も成長をしていくことができるということが、保育士や幼稚園教諭の一番の特徴であると言えるでしょう。

しかし一方で少子化の影響と子育をする両親たちの意識の変化から、今現在保育士や幼稚園教諭への業務にかかわる要求はこれまでにないほど高度化してきています。

安全に預かり遊びを教えるということだけでなく、これから訪れる就学期のための基礎的な学力や社会性を備えるための訓練など、子供と接しながら行っていくべき項目は多数にわたります。

このサイトではそうした保育士や幼稚園教諭ならではの仕事のために、便利な情報を提供することを目指しています。

保育の仕事を長く続けていくための心構え

赤ちゃんの手

仕事の社会的重要性が増していく一方で、保育士や幼稚園教諭として勤務をする人材の離職率は一般的な会社員よりもかなり高く、長く勤務をしながら経験値を備えていくということが難しい状況にもなっています。

長く仕事を続けにくい理由としては、仕事をするときの拘束時間が長いということや、業務のきつさに対して給与額が安いということ、他にも女性が多い職場での人間関係の調整が難しいということが挙げられています。

全国にある保育園・保育所や幼稚園では、できるだけ長く勤務をしてもらえるスタッフを確保するため業務待遇の改善に取り組んでいます。

保育士や幼稚園教諭の資格は取得まで長い期間が必要になるものの、一度取得をしてしまえば更新などもなく一生使用することができる貴重な専門資格です。

もし最初に勤務をした園がどうしても居づらいところであったとしても、そこで仕事そのものをやめてしまうのではなく、資格を活かして自分にあった職場をどんどん探していってもらいたいです。

保育の仕事を長く続けていくためには、まず最初にしっかりと条件や園内の様子を下調べし、自分の希望する待遇があるかということを見極めるという就職活動が大切になってきます。

求人件数は決して少ないわけではない業種なので、粘り強く探すことできっと自分にぴったりの仕事場を見つけることができるはずです。

保育士・幼稚園教諭の適正とは?

牛のおもちゃ

保育士・幼稚園教諭として仕事を長く続けるためには、待遇面の他に本人の適性も重要になってきます。

保育の仕事は子供とはいえ一個の「人」を相手にするものであるため、時に思うように仕事が進まなかったり自分ひとりの力ではどうしようもないような大きな問題にあたったりします。

そうしたときにしっかりと子供のことを第一に考え、謙虚な姿勢で周囲への協力をとりつけていくことができるということが保育士としての重要な資質になってきます。

ただ「好き」という気持ちだけでなく、時に厳しく、時にはしっかり気持ちを割りきって仕事をしていくというプロ意識もまた大事な保育の仕事の資質です。

長く勤め勉強を積み重ねていくことで、初対面でもなんとなく子供の気持ちや好きなものがわかるようになったり、上手くクラス運営をしていくためのコツをつかむことができます。

今の仕事にちょっと行き詰まってしまった時には、少し距離をとって他の保育園・幼稚園の方針を勉強してみたり、子供が好きな施設に自分でも行ってみるような視野の拡大がとても有効です。

【カテゴリリンク】

Back To Top

© 2015 - 2020 とうきょう保育.net